通常の会社設立プラン


通常の会社設立プランをご説明します。



 会社設立など起業、開業を考えている人にとっては、ビジネスモデルを考えたり、計画を立てたり・・・考えることが多くて大変ですよね。


 会社設立から営業許可、税金関係の届出、社会保険関係の手続き、助成金対策、経理の立ち上げ、パソコン会計の導入など、すべてを一つの窓口でお願いできたら助かるのに。

 通常、会社設立は「司法書士」、営業許可は「行政書士」、税金関係は「税理士」、助成金や社会保険・労働保険関係は「社会保険労務士」に、といったように各手続きの専門家はバラバラで、それぞれの専門家ごとにお願いするのって大変ですよね。ただでさえ準備で忙しいのに


■私が会社設立等の窓口になります

 名古屋付近での会社設立については、私が窓口となり、提携専門家とともに会社設立から各種手続きまですべてを支援させていただきます。

会社設立経験豊富な税理士

 大事な会社設立準備期には、手続きなどに時間を割くのではなく、事業に直接関係する準備に時間を集中的に費やすべきです。


 また、通常会社設立は1回きり。やり直しは効きません。

 
 過去に次のような問題点が見受けられました。

  ふらふら 設立初年度から消費税課税事業者になってしまった!

  ふらふら 設立日と決算日の設定に問題があり、消費税免税期間が短くなってしまった!

  ふらふら 株主構成に問題があり、経営に支障が出てしまった!

  ふらふら 役員給与の設定・支払方法に問題があり、役員給与の一部が損金(経費)にならなかった!

  ふらふら 設立日と事業年度の設定に問題があり、初年度に青色申告申請手続きが間に合わず白色申告になってしまった!

  ふらふら 設立初年度の決算期と事業年度の設定に問題があり、第2期の事業年度の期間がおかしくなってしまった!

など・・・



 会社設立という失敗が許されない大事な手続きだからこそ、“価格”だけで比較するのではなく、信頼できる経験豊富な専門家の支援を受けるべきだと考えます。


 会社設立をはじめ各種手続きについては、私が提携専門家とともに会社設立から各種手続きまでをトータルサポートさせていただきます。


     【会社設立通常プラン料金表】
会社設立費用通常プラン料金表

※上記には次の料金を含みます。
・初回相談料
・定款認証手数料(株式会社の場合。合同会社・合資会社は不要)
・定款認証印紙代
・法務局登記費用(登録免許税)
・司法書士報酬
・登記簿謄本1通取得費用
・弊社手数料


※次の料金は含まれておりません。
・個人印鑑証明取得費用
・会社印鑑購入費用
・税務署等への法人設立等届出書作成・提出費用
・印鑑証明発行費用
・労働保険加入手続き費用
・雇用保険加入手続き費用
・社会保険加入手続き費用
・各種許可、認可手続き費用
・税理士報酬
など

※会社形態の選択については次のページをご参照ください。

会社形態はどれを選択すればいいのか


 お問合せは、こちらのフォームまたは電話よりお願いします。

   toiawase.gif

   フリーダイヤル.bmp フリーダイヤル 0120−964−833


名古屋の会社設立支援サイト トップページへ
会社設立 名古屋 | 会社設立費用「通常」プラン